スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
スポンサー広告  

今日、月曜日のこと
今日は、月曜日。
先週、動物病院に愛猫ユッケを連れて行ってちょうど1週間目だ。
爪の具合を見てもらい、出来れば予防接種もして貰いたい。

お世話になっている病院は、予防接種の時に検便をするので
昨日の夜、ユッケがした「う○ち」を、ビニール袋に入れ、トイレ脇に置いておいた。

そして今日の朝。
病院に連れて行く気満々で起きた私。
トイレに入る。

「う○ちがない…」
「何でないのぉ~??」


人間、絶対あるべきブツがないと、結構、動揺するものだ。
寝起きなので、理解するまでに、ちょっと時間がかかった。
朝早くに出社する夫が、几帳面にも捨てていた…。

月曜日の朝一番に、重大な“仕事”がなくなるのは痛い。
行く気満々だったのに。
思わず夫の携帯に「何で捨てるのよぉ~」と抗議電話をしてしまった。

明日は連れて行きたい。


***

今日したこと
・洗濯
・掃除機掛け
・自分のご飯を作って食べる
・靴を修理に出す
・手袋を買う

月曜日にしては、まずまずかも。


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
なつ
日々徒然   6 0

:今日の出来事 - :心と身体


今日から待降節

待降節091129-1

今日は、クリスマス(降誕祭)の4つ前の日曜日で、降誕節第1主日。
今日から待降節(アドベント)という「イエス・キリストの降誕を待ち望む期間」が始まった。
救い主の誕生を待ち望む喜びの季節。
心が自然とあたたかくなる季節だ。


聖堂の中には、イエス様の誕生シーンを再現した馬小屋の飾りつけ。
アドベントキャンドルも4本用意されいて、今週から毎週一本ずつ灯されて行く。
待降節091129-2 
教会によって個性があって違って眺めるのも楽しい。
我が家も、クリスマスの飾りつけをしなくちゃ。


 日々忙しさにとらわれている人々に、静かな祈りの時をお与え下さい。
 生活を見つめ直し、神の導かれる道を求めることができますように。
          

聖書と典礼 共同祈願の意向より


ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
キリスト教・信仰   4 0

:聖書・キリスト教 - :学問・文化・芸術


サフランの花が咲いた
サフラン091129

お友達から貰って、サフランの球根を植えたのは、11月初めのこと。
どんどん芽が伸びて、ぐんぐん成長して、
あっという間に花が咲いた。

サフランってこんなに早く成長するものなのかなぁ。
2球植えたうち、咲いた方は、葉っぱも出ずに、花だけ咲いてる。
植えたのが遅かったから、早く咲かないと…と思って頑張ったのだろうか。

謎は残ったままだけれど、花が咲いたのは純粋にとても嬉しい。


ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
ベランダガーデニング   2 0

:***ベランダガーデニング - :趣味・実用


オルセー美術館展 @世田谷美術館
オルセー美術館展1

世田谷美術館へ「オルセー美術館展」を見に行ってきた。

展示構成が、フランス、オルセー美術館のアール・ヌーヴォー・コレクションのうち
家具やランプ工芸品、など150点を展示した展覧会で、
1.サロン
2.ダイニング・ルーム
3.書斎
4.エクトル・ギマール
5.貴婦人の部屋
6.サラ・ベルナール
7.パリの高級産業(七宝、陶芸、金工)という展示構成。
それぞれの空間に、テーマに合ったアール・ヌーヴォー様式の家具、工芸品、装飾品などが
展示されているので、当時のパリにあった邸宅内の雰囲気が味わえて楽しかった。

会期終了間近なので、結構混んでるかもと覚悟して行ったけれど、
平日の昼過ぎだったからか、それ程でもなかった。
友達と感想や感動を小声でしゃべりながら、ゆっくりと見ることが出来て良かった。

*特に印象に残った作品(覚書)*
エクトル・ギマール 「天井灯」 エクトル・ギマール 天井灯
 


 
  

 ポスターに取り上げられている作品
 1909-1911年頃のモデル
 想像よりも小さく、その分繊細な印象。
 実際に見ると、色ガラスの青がとても鮮やかで驚く。
 ぶら下がっている菅、繋げられた吹きガラス玉も乙女チックな感じ。
 実際に電気を灯すとどんな影を描くのだろう。

ウジェーヌ・フイヤートル 「ボンボン入れ さくらんぼ」
ウジェーヌ・フイヤートル さくらんぼ”



 直径5cmぐらいの円形ボンボン入れ。 
 赤、オレンジ、黄色の七宝が可愛い。
 彫金、地色の緑色も上品な感じ。
 光に透かしてみたら、キラキラと輝く。美しかった。

ルネ・ラリック 「髪留め はなうど 1対」 1902-03年頃
はなうど


  


 ジミ派手な感じ
 角を彫刻して、金で留めてある…!
 彫りの細かさ、作りの精巧さに驚く。

カミーユ・ノド 「杯」 1903年
杯




 透かしが入っている花の部分が繊細で美しい。
 縁取り、葉っぱの部分は、金。
 あじさい?と思った花は、花は「手鞠花」とのこと。
 本日のベスト1!

他に
ジョルジュ・バスタール 「扇子 孔雀」
ルネ・ラリック 「飾りピン 芥子」



展覧会を見た後は、砧公園を散歩。
砧公園
葉が落ちた後の木に赤い実だけが可愛く残っていた。
冬の公園もまた楽しい。

オルセー美術館展
パリのアール・ヌーヴォー
19世紀末の華麗な技と工芸
世田谷美術館
公式HP


ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
美術館・展覧会   6 0

:美術館・博物館 展示めぐり。 - :学問・文化・芸術


レストラン ル・ダルジャン 
オルセー美術館展を見に、世田谷美術館へ。
着いたのが11時半だったので、見る前に腹ごしらえということになり、
世田谷美術館内にあるレストラン「ル・ダルジャン」でランチ。

ル・ダルジャン1 本日の前菜

私がお願いしたメインのお料理
ル・ダルジャン3 本日のお魚料理 「お料理名、忘却…」

お友達はお肉料理
ル・ダルジャン3 牛頬肉の煮込み

久しぶりに会ったので、積もる話に興じていたら、お料理の名前を全く覚えていない。
サービスの方にしっかり尋ねて、オーダーしたのに…。

写真を見ても思い出さないって、どういうこと。



食事を終わって出てきたら、レストラン入り口には順番待ちの長い列。
平日でもこんなに混むんだ。びっくり。

レストラン ル・ダルジャン
お願いしたのは2500円のコース
(前菜・メイン・パン・飲み物)


ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
美味しいもの大好き   0 0

:こんな店に行ってきました - :グルメ


PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。