スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
スポンサー広告  

ボルゲーゼ美術館展
ボルゲーゼ美術館展

ボルゲーゼ美術館の作品がまとまって日本で公開されるのは初めてらしいし、
目玉の展示作品はラファエロとカラヴァッジョだし、
東京都美術館が前面改修で休館になる前の最後の企画展…。
会期の後になる程、混むに違いない!
そう思って始まって間もない1月中に行ってきた。
平日の午後で、展示作品が48点と少なめで(でも、内容は充実!)
作品と作品の間隔が広めだったので、いつもより観るスペースにも余裕がある感じ。
じっくりと自分のペースで鑑賞出来て、気持ちよい時間を過ごした。
美術と聖書について、もっと勉強したい気持ちが高まった展覧会だった。

《ボルゲーゼ美術館》
教皇パウルス5世の甥として、教皇庁で権勢を誇ったシピオーネ・ボルゲーゼ枢機卿の美術コレクションとそれを収めるために建てられた邸宅に端を発する。イタリア・ローマ市北東部の広大なボルゲーゼ公園に位置する。コレクションの基礎になっているのは、シピオーネ枢機卿が収集した古代彫刻の数々とルネサンスから彼の生きた時代、つまりバロックにかけての彫刻・絵画。

◆特に印象に残った作品
序章 ボルゲーゼ・コレクションの誕生
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ 「枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼの胸像」 1632年頃
枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼの胸像
威風堂々とした胸像。
大理石の表面が光沢があって輝いているのもこの人のイキオイを現しているような気がする。
枢機卿ということは聖職者なんだけれど、それより大富豪のコレクターという印象かな。

Ⅰ章 15世紀・ルネサンスの輝き
サンドロ・ボッティチェリとその弟子たち 「聖母子、洗礼者ヨハネと天使」 1488年頃
サンドロ・ボッティチェリとその弟子たち 《聖母子、洗礼者ヨハネと天使》1488-90年
聖母マリアに抱かれたイエス・キリストが中央、その後ろに6人の天使たち、右下に洗礼者ヨハネ。
円形の中にバランスよく配置されている。
(円形の絵画は、トンドというらしい。)
優雅に聖母マリアを囲む天使達に比べて、洗礼者ヨハネの「ひざまずき振り」がケナゲな感じ。
幼いキリストの幸せそうな表情にうっとり。
小さなぷくぷくとした手で祝福ポーズをとっているのも可愛い。
思わず絵の前で、祝福ポーズの真似っこをした。
*左手にもつザクロは、豊穣多産、復活の象徴。

ラファエロ・サンツィオ 「一角獣を抱く貴婦人」 1506年頃
一角獣を抱く貴婦人
女性の表情がきょとん…!
確かに、モナリザ(レオナルド・ダ・ヴィンチ)似た感じがする。
一角獣(ユニコーン)が不自然…と思ったら、もともと犬を描こうとしていた可能性もあるらしい。
足の持ち方が妙で、折り曲がり方が猫みたい。これも不思議…。

〔特別出品〕ボルゲーゼと日本:支倉常長と慶長遣欧使節
「支倉常長像」 アルキータ・リッチ 
 この時代の日本人がローマで油絵の肖像に描かれ、コレクションのひとつとして残っているのに感動した。
 行っている間に日本のキリスト教をとりまく環境は激変したらしい。
 もう一回、遠藤周作の「侍」を読みたい。

Ⅱ章 16世紀・ルネサンスの実り‐百花繚乱の時代
初めて知る画家の名前が多かったコーナー。
一番気に入ったのは、この作品。
レダ ルクレツィア
「レダ」                  「ルクレツィア」
ミケーレ・デイ・リドルフォ・デル・ギルランダイオ 1560-70年頃
とにかく美しかった。。

Ⅲ章 17世紀・新たな表現に向けて‐カラヴァッジョの時代
カラヴァッジョ  「洗礼者ヨハネ」 1609-10年
洗礼者ヨハネ
38歳で亡くなったカラヴァッジョ最晩年作品。
けだるい雰囲気の洗礼者ヨハネにびっくりした。
も鬱屈したようなもの憂げな表情だし、身体も若々しく溌剌というより、
ちょっと荒れた生活をしていて浮腫んでいる感じもしなくもないし。
口論の末に殺人を犯して、逃避行のなかで描かれた作品らしい。
当たり前だけど、画家の人生って、絵に表れるんだなぁと実感。


ボルゲーゼ美術館展 
会場:東京都美術館
最寄り駅:上野駅(JR・東京メトロ・京成)
会期:2010年1月16日(土)~4月4日(日)
東京都美術館ホームページ
東京展公式サイト


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
なつ
美術館・展覧会   0 1

:美術館・博物館 展示めぐり。 - :学問・文化・芸術


悲しみのパンドカンパーニュ
カンパーニュ100129

久しぶりに焼いたパンドカンパーニュ。

クープを入れたら、ふにゃふにゃ~と空気が抜けてしまった。

何でやろ…。
(思わず関西弁)

焼き上がりは、悲しいぐらい円盤型。


ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
パン   2 0

:手作りパン - :グルメ


公開講座「聖書と絵画」
今日は、市民アカデミーの公開講座に行って来た。
この1週間ぐらい、いまひとつ元気が出なくて、心身ともにオコモリ状態だったので、
今朝、外に出て玄関の鍵を閉めるまで行けるかどうか自信がなかった。
朝起きた時は「絶対に行きたくない」「行ける訳がない」と思う。
けれど、予定があれば、何とか起きて時間に間に合うように準備が出来るみたいだ。
外に一歩出れば、少しづつ心が晴れてくるのを感じる。
そして少しづつ心が楽になる感じ。
行けてよかった。

受講した講座タイトルは「聖書と美術 ソロモン物語」
旧約聖書を絵画を通して読んでいく(見ていく)という内容で、
普段、絵を見て聖書の内容を思い出すことはあっても、
ひとつの聖書に書いてある出来事を切り口に、
それを描いた絵をまとめてみる機会はなかなか無い。
興味深く聴いた1時間半だった。

講座の後、会場の区民ホールのロビーにて、こっそりお弁当。
お弁当100126
昨日の晩御飯のおかずをとりあえず詰めた「ありあわせ弁当」
写真に撮ると、サンマ照り焼きがゆがんでるのが丸わかりだ…。




ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
お出掛けいろいろ   4 0

:絵画・美術 - :学問・文化・芸術


微熱
昨日から、身体がだるくて、動くのが億劫だ。
熱を測ると7度1分。
また微熱がある。

何でこんなに熱が出るのだろう。
帰省して疲れたのだろうか。
何も無理したことは思い当たらないのに。
他に原因があるのだろうか。
健康診断の結果が早く来て欲しい。
身体がだるいと気持ちまで落ち込んでくる。
参ったな。


ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
日々徒然   10 0

:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - :心と身体


京都 旅の記憶
墓参り。
墓参り菊花

冬の空。
ゴイサギ巣
木の上にあるのは、ゴイサギの巣らしい。

生まれ育った場所。
天井画
中へ入るのは、5年振りのこと。
本堂はそのまま。
天井を見上げて記念撮影。

意外な程、平気な自分に驚く。
私の場所は、もうここではないということだろう。


母、妹達、甥や姪、全員で外食。
薬膳ラーメン
初雪が降った日で、温かいものが食べたい…。
私が頼んだのは、薬膳ラーメン。

一人暮らしの妹が言う。
「みんなで食べると美味しいなぁ」


今回の収穫は、妹んちの押入れ猫、ネネさんの撮影に成功したこと。
ネネさん100116 「何でふすま、開けんの?」
ネネさん100116 ネネさん、怖さで固まる。

子供3人が暴れまわる妹の家で、
超怖がりな猫、ネネさんにとっては、押入れだけが安住の場所。
家の和室もリビングも、押入れ以外は、全て外界…。
ちなみに、今回の滞在中、一度も押入れの外に出てこず。

妹が言う。
「ネネは飼ってる気がしいひんわ」

おいおい…。


ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
旅行   6 0

:写真日記 - :写真


PREV | HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。