スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
スポンサー広告  

没後四〇〇年記念 長谷川等伯展 
友達を誘って、東京国立博物館で開催中の「長谷川等伯展」を見に行った。

午前中、家でサイトの現在混雑状況を見たところ、
「入場制限はありませんが、混雑しています」とのこと。
テレビ番組「日曜美術館」や「歴史秘話ヒストリア」で取り上げられたらしいし、
ある程度混むのは仕方がないなぁと思いながら、上野へ着き、駅から歩いていると…

妙に人が多いような気がする…。
嫌な予感を感じながら国立博物館の表門に近づくと、看板があった。

長谷川等伯展看板 *現在時間 平日12時15分頃
混雑のため入場制限中です。待ち時間 約80分。

80分待ち!!!

絶句。
テレビの影響か、元々人気なのか、会期が短いせいか。。

さすがに「80分待つのは無謀」ということになり、
とりあえずお昼ごはんを食べることにして、上野駅まで引き返す。

入ったのは、駅ビルatreの2階にある「コカレストラン」
久しぶりのタイ料理。
あれこれ迷った末、いろいろ食べられそうなランチセット注文した。

トムヤムクンスープと小鉢2品(春雨炒めサラダ、鶏の唐揚げ)
コカレストラン1 

豚ひき肉のバジル炒めと本日のカレー(グリーンカレー)
コカレストラン2

デザートとコーヒー
コカレストラン3

辛い! でも、美味しい。

友達の話をいろいろ聞きながら、
しっかりと時間をかけてご飯を食べて、しっかり時間をかけてお茶を飲み、
もうそろそろ…とお店を出た時間は、2時15分。

今日中に長谷川等伯さんに会えるのだろうか…。
早々と出直す日にちの相談までしながら、再び東京国立博物館へ向かった。


To be continued.

没後四〇〇年 特別展 長谷川等伯
会場:東京国立博物館平成館(上野公園)
会期:2010年2月23日(火)~3月22日(月・休)
公式Webサイトhttp://www.tohaku400th.jp/index.html

スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ

なつ
美術館・展覧会   4 0

:美術館・博物館 展示めぐり。 - :学問・文化・芸術


こんにちは
先々週の土曜日に行ったときはまだマシでしたが、ついに入場規制(しかも80分も!)になっていましたか。
今日(金曜)の18時に再度行ったらすんなり入れて、20時ぎりぎりまで粘ったら少しは空いてるなというくらいでした。

ついでに、帰り際に皇后さまが来て挨拶しているのを目撃しました^^
http://mainichi.jp/select/wadai/koushitsu/news/20100313k0000m040076000c.html
2010/03/13 02:41 | | edit posted by 21世紀のxxx者
21世紀のxxx者 さんへ
そうなんです、どうも一番混むピークに行ってしまったようで…
本当にすごかったです。いい勉強(?)になりました(笑)
遅めの夕方は,ねらい目なんですね。
今度は、絶対、テレビ放映のあった後は避けて、もっと夕方に行きます!
皇后さまの目撃もヒットですね^^
2010/03/14 15:32 | | edit posted by なつ
同じ日に
 お久しぶりです。

 同じ日の午前中、私も同じ上野公園内にある国立科学博物館に行きました。私は5時前に福島を出て、栃木県の黒磯から電車に乗り換えて9時少し過ぎに上野についたので、開館直後に入場できたので非常にすいていました。

 私はパニック障害も鬱も一応症状がなくなったことにはなっていますが、記憶が残っているのかやはり人ゴミは苦手なので、開館直後か閉館直前を狙っていくことが多いです。

2010/03/15 06:28 | | edit posted by やえもん
やえもんさんへ
空いている美術館や博物館でゆっくり見るのが気持ちもいいですし、本来の楽しみ方ですよね^^
今回の等伯展は、(友達の都合もあり)真昼間に行ってしまったので、
自分でもちょっと失敗したなという気分です。
混んでいる美術館や博物館は、やっぱり疲れますね(笑)
これからは、混むと予想される展覧会は、閉館直後に行こうと固く誓いました。
(本当は、開館と同時に行ければいいのですが、私にはちょっとハードルが高いので…。)
2010/03/15 12:41 | | edit posted by なつ














 

http://kokonatunatu.blog54.fc2.com/tb.php/185-be098c09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。